Blog: セラピーの構造のハナシ♪

こんにちは。

ご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

あっというまに1月も終わりに。

2020年は変革の年、みたいに言われてますが、

ホント、私周りも本気でいろんなことが動いています。

皆様もそうでしょうか?

 

 

さて、今日は、セラピーの構造・・・「層で捉える」話をさせていただきますね。

 

 

ホメオパシーでは、マヤズム、という考えがあるのですが、

このレメディが合うはずなのにうまく行かないな、というとき、

マヤズムをケアする、とか、

このマヤズムが動いているからこういうレメディが合うはず、とか・・・

レメディそのものより、上位にある概念になります。

 

上位にある概念ほど、

影響力は深くなります。

ターゲットがゆるいけど(つまり広い)影響がズシンと大きい、という感じ。

波でいうと、大波です。

レメディは、すごくターゲットが絞られる、振幅が狭い小波と言えます。

 

 

ホメオパシーの上位には、

物体を介さないエーテルセラピーのレベルがあります。

 

その中では、

個人的なエネルギーレベルの上に、

家系的なエネルギーレベルが存在します。

 

 

こんな風に、層状に、ケアをするレベルや方法が分かれますが、

上位に問題がなければ、

下位だけのケアで完治します。

 

一番下は、食べ物です。

これだけでよくなる場合もあります。

 

逆に、どんなレベルでも、

ある意味、応急処置にしかならない場合もあります。

その上位に問題があると再発するのです。

 

上位・下位の話は、療法だけでなく、

病気の原因でも言える話です。

 

根本的に、体を悪くするものを摂り続けていたら(上位)

治療したとして(下位)

再発します。

 

層状に把握するというのは、

慣れるとシンプルで、システマチックで、わかりやすいです。

地球の歴史上、シャーマンとか、自然療法をする人たちにとって、

よくある見方になります。

 

(シャーマンについての悪いイメージは

偏った地方や偏った情報、見方によるので、

一緒くたに悪者にしないほうがいいかも)

 

 

状況をシンプルに把握できれば、

悪い想像は止まります。

建設的に、考えることができます。

どうしていきたいか、に合わせて、

やれることがたくさんあります。。☆

 

 

 

さて。

いろんなことが起こると

良い流れとわかっていてもイヤになることがありますね。

私はそうでした(笑)

抵抗したい気持ちを認めてるうちに、

ちょっと楽になりました。

 

荒い波でも、悠々、乗りこなして行かれますように〜

 

 

 

あと。そう言えば。

 

先日、夫が尿管結石になって、

すごく痛そうでしたが、おかげさまで、すぐ治りました。

ありがとうございました。

 

「病気っていうより、

不要なものを排泄する、事故的な痛みだよね!

出産もすごく痛いというけど、同じく排泄する(?!)痛みだね!」

という感想をここでご紹介します。

(痛みから解放された後、言っていたことから)

 

 

私も学生時代に1度経験がありますが、

結石はホント痛いですよね。。。💦

結石になられてしまった方・・・

なるべく早く痛みが治って、

スムーズに排泄されることをお祈りしています。。。!

 

 

それでは、

皆様、どうぞ、ご自愛で、素晴らしい二月をお迎えくださいませね。。✬༓*

 

 

 

PAGE TOP