Blog:見る側面を固定しない・・・

こんばんは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

ある話をSNSで見て、

こわー!!!

と思ったのですが・・・

 

誰しもがやりかねないことだと思って・・・

自分で自分に戒めよう、と思いました。。。。

 

 

この人はこういう人とか、

この地域はこういう地域みたいな

 

自分の中のステレオタイプな判断、要注意ですね。

 

 

そもそも状況によって変わるし、

時の流れでも変わる・・・

 

人の側面は少なくとも22あって、

細かくすると他に57あるとか

(うろ覚えですが)

ものの本で見たこともあります。

 

 

私は、

ある意味、シフトを促す仕事なので、

よく、

見る側面を固定しない難しさを感じるのですが。

 

 

一度のレメディで、

前後のタイプが変わってたりするし、

その程度も、どうなるかも、その方次第で、

 

人の変化において

時の流れがすごく速い世界。

 

かつ、

それをどんどん先に(どんどんピュアなご自身の姿に)

進めていく(変えていく)流れになるのですけど。

 

 

過去の状態のクライアント様と思って対応すると、

引き戻すようなエネルギーを与えてしまうので・・・

(細かすぎる配慮かもしれないけど)

 

 

状態が変わっていくクライアント様へ、

視点を固定せず、

いつも敬意を持って、

可能性が解放される、余裕ある心理的スペースをご提供する難しさ。

 

 

そこがミラクルで、

面白いところでもあるのですが・・♪

 

 

本当に気をつけたいと、

改めて思わせられました。。。。

 

 

どうぞ、良い夜をお過ごしください。。。✬༓*

 

 

 

PAGE TOP