フラワーエッセンス

 

フラワーエッセンスは、約100年前に、イギリスの医師、バッチ博士が発見したもので、精神症状に働きかける作用を持っています(身体症状にも働きかけるものも存在します)

 

病気の80%は、感情や精神面からと言われています。過去の原因が、年を経て表れることもあります。

 

一般的になされるのが、身体症状へのケア。

そこに、感情や精神面のケアをプラスすることで、より効果的なヘルスケアになると考えられています。

 

フラワーエッセンスは、それ自身がバランスをとる性質があるため、気軽に使っても安心です。

慢性症状のセルフケアに、オススメです。